CASE

歯がデコボコしている

歯がデコボコしている状態(叢生)とは

歯がデコボコしている状態は、専門的には、叢生(そうせい)または、乱杭歯(らんぐいば)といいます。 八重歯も叢生に分類されます。 最新の厚生労働省の歯科疾患医療調査では、12~20歳の40%以上が叢生と報告されています。 日本人は欧米人に比べて、アゴが小さいので叢生の人の割合が多いと言われています。

叢生

アゴが小さかったり、歯が大きかったりすると、歯が生えてくるための十分なスペースがないために引き起こされます。
叢生は、見た目の問題もありますが、歯が前後左右重なり合っているため、歯磨きがしにくく、虫歯、歯肉炎、歯周病の原因となります。

叢生の治療について

歯を抜いて、歯がきれいに並ぶためのスペースを確保してから歯を動かします。

叢生 症例

治療前

叢生 症例

抜歯後

叢生 症例

装置装着

叢生 症例

治療後

前歯のガタガタ 症例

性別 女性|年齢 16歳

主訴 前歯のガタガタ
治療装置 白い表側矯正装置
抜歯 上下左右小臼歯 4本
治療期間 3年

上下前歯のガタガタがあります。また、過去に左下3番目の歯を抜歯してありました。 歯が並ぶスペースを作るために、アンカースクリューを利用し、上下歯の後方移動を行い歯を配列しました。噛み合わせの都合上、左下3番目にはスペースを残し補綴治療を行う予定です。

矯正前

ガタガタの歯 症例画像

治療中

ガタガタの歯 症例画像

治療後

ガタガタの歯 症例画像

お顔の変化

ガタガタの歯 症例画像

症例一覧はこちら

治療費概算

検査診断料 ¥50,000+tax
白い表側矯正装置 ¥750,000+tax
処置料 ¥5,000+tax /毎回